いろいろな紙(ファインペーパー)に試して文字を書く

2010.7.21

いろいろなファインペーパーの中からカリグラフィーにお勧めの紙を教えて欲しいという依頼がありました。
普段、作品制作には水彩紙を使いますが、用途に応じてもちろんファインペーパーを使うこともあります。今回の作品展でも、GAファイルやファーストヴィンテージの厚い紙を使いました。

今までの印象で選ぼうと思いましたが、やはりもう一度書いて確かめてみようと、いくつか試しました。

その中でも特別書きやすくて、これは!と思ったのが、やはりこの黒の紙、スーパーコントラスト。マットで深い黒。細い線も書けるし、硬さもちょうどいい。
表面も少し毛羽立っていて、とても書きやすいです。(画像よりも実際はもっと深い黒です)

そして白でスムースな紙で一番書きやすかったのは、ベルクールでした。
こちらもペンの運びがスムースで、ひっかからず、細い線まできれいに書けます。
あと良かったのは、モデラトーンとパミスでした。
色の紙で良いのは、何と言ってもNTラシャ。いろいろな明るさのグレーが揃っているのも嬉しい。

道具によっても異なるし、人の好みはいろいろなので一概に言えませんが、機会があったら試してみて下さい。
またお勧めがあったらご紹介します!

カリグラフィー作品展 いろいろ素材

2010.7.2

作品展も早くも4日目です。

今回はいろいろな紙、素材に書かれた作品が多くあります。

布、金属、板紙、オニオンスキンペーパー、パネル などなど。

表現したい内容によって、様々な素材、それに合った文字、画材、道具を選んで制作しています。